「松むめや
 末ながかれと みどりたつ
 山よりつづく さとはふく岡」
福岡藩祖 黒田官兵衛の連歌

春になると約1,000本の桜が咲き誇る舞鶴公園は、
鴻臚館や福岡城、そして平和台野球場といったそれぞれの時代の象徴が幾層にも重なった
歴史的にも非常に貴重な意味を持つ公園です。
福岡藩祖の黒田官兵衛は先祖の故地・備前福岡(岡山県瀬戸内市)にちなんで、
築城したこの地を“福岡”と名付けたと言われています。
桜花爛漫うららかなこの季節に、城跡と桜のライトアップを通して、
福岡城400年の歴史と、福岡の繁栄を願った官兵衛の想いをお伝えいたします。

平成28年3月25日(金)~4月3日(日)

  • ■ インフォメーション開設時間/12:00~22:00
  • ■ ライトアップ点灯時間/18:00~22:00

■ 桜園(天守台)・多聞櫓・御鷹屋敷跡特別ライトアップ [1か所 300円]

通常は夜間閉場しているエリアを特別に開放し、他の場所とは異なる仕掛けでライトアップします。今年は天守台のライトアップをさらに充実させ、周辺の桜園全体に拡大。竹あかりと音が織りなす夢幻的な空間が訪れる人を包み込みます。

期間:
3/25(金)~4/3(日) 18:00~22:00(入場は21:45) ※3/25(金)のみ19:00~
場所:
桜園(天守台)、多聞櫓、御鷹屋敷跡
入場料:
1ヶ所300円

※入場料は福岡城さくらまつりイベント運営(ライトアップ及び仮設トイレ設置など)に使用します。

桜園エリア

去年までの天守台のライトアップをさらに充実させ、桜園全体で実施。竹明かりと音が織りなす幻想空間を演出します。

多聞櫓

如水庵が出店し、お茶や茶菓子でおもてなしをします。

御鷹屋敷跡

桜を光と音で幻想的に演出します。

■ 花見で一杯。桜茶屋・生酒屋

今年はらんまんの桜を眺めながら、ホッとひと息つけるおもてなしブースが新設されます。

■桜茶屋by星野村・如水庵
国指定重要文化財の多聞櫓など、福岡城の歴史を感じられる場所でお茶やお菓子が楽しめます。

期間:
3/25(金)~4/3(日) 12:00~22:00
場所:
多聞櫓(如水庵)、御鷹屋敷跡(星野村)

桜茶屋by星野村・如水庵

■生酒屋by博多住吉酒販
桜の開花とともに搾った日本酒を酒蔵から直送。福岡城さくらまつりでしか飲むことの出来ない搾りたての生酒を提供します。

期間:
3/25(金)~4/3(日) 18:00~22:00
場所:
桜園

生酒屋by博多住吉酒販

■ ライトアップ点灯式

桜の花や城壁を照らすライトアップは、福岡藩に伝わる黒田家伝承の砲術「陽流抱え大筒」の号砲を合図にスタートします。桜の花が明かりに浮かび上がり、幻想的な情景がひろがります。オープニングイベントでは、精華女子高校吹奏楽部やふくおか官兵衛Girlsなどによるライブも実施されます。

期間:
3/25(金) 18:20~ ※オープニングイベントは17:00~
場所:
鴻臚館広場

■ 鴻臚館広場

外交・貿易の拠点となっていた鴻臚館跡地を芝生広場として開放し、「福岡ブロカンテ~さくらまつり蚤の市」や「福博花しるべマーケット」などを行うほか、高さ最大7mの空中ジャンプが体験できるアトラクションで楽しめます。
詳しくはイベント情報をご覧ください。

イベント情報はこちら

オフィシャルアカウントFACEBOOKTwitter

ページの先頭へ